インフルエンザを予防して健康を保つ|症状を知ることで対策する

高熱やだるさを伴う症状

口元を押さえる女性

インフルエンザは高熱が出ることで知られています。寒気や気だるさ、関節痛などの症状を伴うこともあります。そういった症状を感じたらすぐに病院に行かなければなりません。周りへの感染を防ぎましょう。

もっと知ろう

汗をかいて熱を体外に出す

鼻をかむ女の人

高熱が出るのは体内でウィルスと戦っているということです。汗をかいて熱を体外に出しましょう。水分補給をすることが大事です。症状がひどく、高熱が長い時間続く場合は解熱剤を使用しましょう。

もっと知ろう

免疫力と体力をつけておく

ウィルス

小さいお子さんは、インフルエンザ脳症にかかってしまう恐れがあるので、保護者の方は注意が必要です。意味不明な行動をとるという症状が見られたら、すぐに医師に相談しましょう。

もっと知ろう

流行時期を把握しておく

うつ伏せになる男の人

毎年、冬場になるとインフルエンザが流行します。人から人へ感染して被害を拡大させるので、とても厄介な症状だといえます。一度感染すると喉や肺で増殖をします。増殖をしてしまうとなかなか治りにくいので、感染を未然に防ぎましょう。症状のひとつに咳が出るというものがあります。咳だけの症状をみると風邪だと思って深く考えない方もいるようです。しかし、インフルエンザを放っておくと死に至ることもあるので、咳が出るようであればすぐに病院にいって検査をしてもらいましょう。インフルエンザウィルスには数種類のものが存在します。毎年違う種類のウィルスが流行するので、対策をとるのが難しいのです。毎年の予防接種を欠かさないことが予防に繋がるといえるでしょう。インフルエンザに感染してしまうと様々な症状に悩まされます。呼吸によって感染するので、身近にウィルスを持っている人がいると感染してしまいます。流行の時期になるとマスクなどを着用して対策をするのも重要だといえます。風邪よりも重い症状が出るので、体調に違和感を覚えたらインフルエンザを疑いましょう。職場や家庭内で他の人に感染してしまうと大変です。近年は、春先から夏頃にかけて流行をする新型インフルエンザも発見されています。冬だけだと油断せずに症状や感染ルートを覚えておくことが大事です。風邪との違いなどを覚えておくことも大事でしょう。しっかりとした知識を身につけて、賢く予防に努めましょう。